新刊

金沢・浅の川園遊会 25年の物語 B5版 | 120頁 | /定価:2,160円(税込)

時は1987年、バブル前夜。

各地に再開発の波が押し寄せ、古い町は次々と姿を変えていった。そんな中、「このままでは町の風情が失われていく。界隈の粋な文化、伝統を広く知ってもらい、わが町の誇りを取り戻そう」と、地元有志が手づくりで始めたのが浅の川園遊会である。以来、金沢に春を告げる行事として定着し、10万人を集めるイベントとなった。

本書は、浅の川園遊会25年の歴史を500点の写真・資料で綴った写真記念誌である。 ボランティアの声や代表実行委員による座談会のほか、直木賞作家・村松友視と女優・水谷八重子の特別寄稿も掲載。

真の「まちづくり」とは何か。その答えがここにある。

 

 

 

2011年7月 8日 | ジャンル:その他
弊社で購入する