新刊 在庫僅少

「想定外」の科学 核・原発・放射性物質濃縮批判 A5判 | 236頁 | /定価:1,100円(税込)

 

原子力発電をやめるべきだという確信や姿勢に、どんな言論を付け加えることももはや不要であるほど批判の要点は出尽くしているように見える。海外では、核軍備とのつながりのある国を除いて、すでに原発を廃して再生可能エネルギーへの切り替えが趨勢となった。日本でもすでに多くの国民が原発を望んでいない。
書籍や学としてでも、広範な人びとが共同して、統合的に批評・批判をする場やその成果が必要とされていると思われる。

原子力発電をやめるべきだという確信や姿勢に、どんな言論を付け加えることももはや不要であるほど批判の要点は出尽くしているように見える。海外では、核軍備とのつながりのある国を除いて、すでに原発を廃して再生可能エネルギーへの切り替えが趨勢となった。日本でもすでに多くの国民が原発を望んでいない。

 

書籍や学としてでも、広範な人びとが共同して、統合的に批評・批判をする場やその成果が必要とされていると思われる。

 

2020年7月15日 | ジャンル:<005>経済・ビジネス
弊社で購入する