新刊

太宰治の文学 その戦略と変容 A5 | 288 | /定価:2,750円(税込)

 

太宰治は同時代かつ同世代の作家志望の人間が、
その時代思潮・社会事象を共通の基層基底にしながらも
左翼思想に傾倒した事象・情況を積極的に能動的に、文学表現に
「言語の戦略行動」として取り入れたのではないか。
さらには中期からの「聖書」に関する文学表現も、
太宰治のより強い戦略の意識を持った「書き手」によって
創りあげられたのではないか、という推定と想像からうまれた
「太宰治」の作品研究や小説の表現構造を解析した文学論である。
太宰治は同時代かつ同世代の作家志望の人間が、その時代思潮・社会事象を共通の基層基底にしながらも左翼思想に傾倒した事象・情況を積極的に能動的に、文学表現に「言語の戦略行動」として取り入れたのではないか。
さらには中期からの「聖書」に関する文学表現も、太宰治のより強い戦略の意識を持った「書き手」によって創りあげられたのではないか、という推定と想像からうまれた「太宰治」の作品研究や小説の表現構造を解析した文学論である。

 

2020年8月27日 | ジャンル:<001>文学, <014>その他
弊社で購入する